新着情報


政活費判決/制度の必要性から見直せ 神戸新聞 社説 2018/02/20

2018/02/19 16:51 に 田中寿夫 が投稿

 「正当化される余地はない」「犯情は悪質である」。判決に厳しい言葉が並んだ。

 神戸市議会の会派「自民党神戸」(既に解散)の政務活動費(政活費)不正流用事件で、詐欺罪に問われた3人の元市議に対して昨日、神戸地裁が有罪判決を言い渡した。

 1人は懲役2年6月で、2人は1年6月だった。被害額の返還に努め市議を辞職しているなどとして、いずれも執行猶予4年となった。

 3人は公判で、議員活動の調査研究に充てるべき政活費を詐取したことを認めた。「第2の給料のような感覚だった」とも証言した。

 犯罪行為は複数年に及ぶ。領収書を偽造するなどの手口を含め、裁判長の「悪質」との言葉にうなずくしかない。

 裁判所が認定した被害額は2300万円に達する。使途には同僚議員への貸し付けや会派の裏金が含まれ、ほかにも詐欺行為の恩恵を受けていた議員がいたことは明白だ。

 裁判長も「本件会派内での政務活動費に対する意識に相当の問題があった様子がうかがえる」と言及した。

 3人はベテラン議員で、不正に手を染め続けた罪を問われるのは当然だ。だが同じ会派の同僚議員にも有権者は厳しい批判の目を注いでいる。使途をさらに透明化しなければならない。

 判決言い渡しの約6時間後、神戸地検は、やはり政活費の不正受給で書類送検された元神戸市議を詐欺罪で在宅起訴したと発表した。

 元市議は「自民党議員団」に所属する若手議員だった。公金を扱う感覚のまひが、市議会内に広がっていたことは疑いようがないだろう。

 とはいえ、現行の制度で政活費の使途をしっかりと点検するには限界がある。厳格に調べるなら、白紙の領収書を議員に渡した業者の税務調査にまで踏み込むことが必要だ。

 そこまでして、政活費を維持しなければならないのか。支給額について納得のいく説明もなければ、調査研究の効果のほども分からない。他県でも地方議員の有罪判決が出ている。存廃を含め、政活費の制度を根本的に見直すべきだ。

 

埼玉県議会政務活動費控訴事件が結審!

2018/02/19 16:49 に 田中寿夫 が投稿

219日(月)午前11時から東京高等裁判所において埼玉県議会政務調査費返還請求控訴事件が結審しました。

 この裁判は、狭山市民オンブズマンが埼玉県知事に対し、交付した政務活動費が適切に使われていないということで、民進党無所属の会、刷新の会に違法な支出分である政務調査費を埼玉県に返還を求めたもので、昨年830日に判決があり、民進党無所属の会に対し56万2446円、刷新の会に対し851万2764円の計907万5210円を埼玉県に返還させよ。という判決でした。

返還命令内訳

民進党・無所属の会  56万2446円  中川ひろし

刷新の会      851万2764円  石田昇 井上航 鈴木正人 江野幸一 中屋敷慎一 藤澤慎也

 しかし、この判決を不服があり、取消しの判決を求めて埼玉県は東京高等裁判所に控訴したものです。

 この結果、2回目の審理を行った同日、結審し判決は4月18日(水)13時30分に言い渡されます。


 奇しくも同日発行の日本経済新聞夕刊には
元神戸市議3人に有罪 政活費詐取で地裁判決≫ が報道されている


 2015年に発覚した神戸市議会の会派「自民党神戸」(解散)による政務活動費(政活費)の裏金捻出問題で、
政活費計約2300万円をだまし取ったとして、詐欺罪に問われた元神戸市議3人の判決公判で神戸地裁(小倉哲浩裁判長)は19日、
岡嶋亮輔被告(75)に懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役3年)を言い渡した。

 竹重栄二被告(69)と梅田幸広被告(68)はともに懲役1年6月、執行猶予4年(ともに求刑懲役1年6月)とした。
3人はいずれも17年8月に市議を辞職している。

 起訴状によると、3人は架空や金額を水増ししたうその内容の領収書を政活費の収支報告書に添付するなどして、
岡嶋被告は1214年度の約970万円、竹重被告は1014年度の約660万円、梅田被告は1014年度の約680万円をだまし取ったとしている。

 

 


赤ちゃんの鳴き声よりうるさい?議員の私語 埼玉県議会

2017/12/13 16:28 に 田中寿夫 が投稿

 熊本市の市議会で、赤ちゃん同伴出席を認められず開会が40分間遅れたニュースがごく最近流れました。

 狭山市民オンブズマン田中寿夫代表は12月13日、初めて埼玉県議会の一般質問を傍聴しましたが執行部答弁中、大きな声で私語をするほか笑い声まで傍聴席に響き、答弁の内容が聞き取りにくい状況でした。小林議長はこの私語を静止することはなく、議事進行をしていました。

 熊本議会で赤ちゃんの鳴き声の恐れがあるとして議場から退席を要求された問題がありましたが、私語を大声で発し高笑いしている議員こそ、退席させられるべきでしょう。座席を除いたところ後部に位置する座席で野本陽一議員(東第3区加須選出)と右斜め前の議員が後ろを向いて話しているのを目撃しました。(斜め右前の議員は誰だ?)

 議会は県民の選出した議員と執行機関が真剣に対峙し議論する場所です。これができない議員は赤ちゃん以下であるとは思いませんか?(写真は野本陽一議員)



埼玉県議会小林議長の政務活動費証拠資料をアップします。

2017/12/11 21:44 に 田中寿夫 が投稿   [ 2017/12/11 21:47 に更新しました ]

 埼玉県議会小林哲也議長の人件費計上が不可解としている証拠資料・27年度人件費及び事務費、28年度人件費及び事務費の資料をアップします。
27年度は職員が3人で年間185万7420円を政務活動費で充当しています。
 水道使用料は多くて1㎥で年6回のうち0㎥が3回です。また、7月、8月でも12月、1月、2月の電気料金は他の月と余り変わりません。エアコンはつけていなくても済むようです。埼玉県で一番暑い市はどこでしたっけ?我慢強いんですね。
 証拠書類は下記のPDFファイルでご覧ください。プリントアウトもできます。

不可解な埼玉県議会小林てつや議長の政務活動費充当! 職員2名はトイレも入らない?水道使用量は全くなし!

2017/12/11 19:34 に 田中寿夫 が投稿   [ 2017/12/11 23:29 に更新しました ]

 埼玉県議会の政務活動費の調査中、小林哲也埼玉県議会議長の不可解な人件費の支払いが発見されました。

 同議長の平成28年度雇用契約書によりますと熊谷市籠原南2-18の小林哲也事務所では同所で2名の臨時職員を雇用していることになっています。

しかしながら、同議長の平成28年度の事務費の水道料の支払は使用水量が0㎥、つまり全く使用されていないことがわかりました。

 職員の勤務実績表は添付され、28年度は合計157万2075円が政務活動費で充当されています。

 この場所に2名の職員が勤務していたのにもかかわらず水道の使用量がゼロで、基本料金のみが政務活動費で充当されているということは本当に勤務していたとは思えません。

 このような事実を疑問に思い、昨日12月11日午後議長の県政事務所である熊谷市籠原南2-18を訪問しましたが、事務所は全く見当たりませんでした。

 近所にある、毎日新聞の販売所で事務員さんにたずねましたが全くわからず、薬屋さんで聞いたところ親切に教えてくれましたが、事務所自体はだいぶ前に閉鎖されているとのことでした。

 この地番を訪ねて行ったところ、美容室になっていましたのでオーナーに聞いたところ、オープンしたのは1年半とのこと。以前は税理士事務所だったらしいと答えてくれました。ここで不動産業者名を教えてくれましたので尋ねてみました。

「その物件は小林県議の名義ですが、本人は別に事務所を探しているようですよ。」と従業員の回答でした。

 

 昨年の前半から美容室に店舗を貸しながら、事務所を持たないまま今年の3月まで職員の給与を支払い続けたことはどう考えても不可解ですよね?

財務会計上の違法行為を認めるも、判決は棄却(狭山市・違法随意契約事件)

2017/11/22 16:55 に 田中寿夫 が投稿

 去る10月25日、さいたま地裁において提訴中であった「住民訴訟による違法随意契約返還請求事件」について「本件各契約を締結したことが財務会計上の違法行為に該当するとしても,狭山市長である小谷野が,専決を任された担当課長のした財務会計上の違法行為により狭山市の被った損害につき賠償責任を負うのは,担当課長が財務会計上の違法行為をすることを阻止すべき指揮監督上の義務に違反し,故意又は過失により担当課長が財務会計上の違法行為をすることを阻止しなかったときに限られるとの判決がありました。
 裁判長は職員の違法行為を認めつつも、納品は完了されており、狭山市に損害があったとはいえないとして「原告の請求は理由がないので棄却する。」との内容でした。
 オンブズマンではいろいろと検討した結果、金額も少ないことから控訴を断念しましたが、狭山市では前回の裁判で職員による公文書の偽造が発覚し、刑事告発されたにもかかわらず狭山市長はこの事件を公表せずまた、職員の処分も軽微に扱ったこと、職員に対する綱紀粛正の指示もありませんでした。
 今回の裁判でも明らかになったとおり、狭山市では違法な契約や違法な行政事務執行ががまかり通っており、これを是正するためには小谷野市長の指導力には期待できないため、担当職員につき「地方公務員」の守秘義務違反、および「入札談合等関与行為防止法」の入札談合等関与行為で刑事告発の準備を開始しました。

本当に職員は雇用している?小鹿野町の県議事務所

2017/11/20 15:35 に 田中寿夫 が投稿

 小鹿野町にある岩崎宏埼玉県議の県政事務所は自身の長男が経営する建設会社事務所2階の内20平米を月額6万円で契約。そのうち年額36万円を政務活動費で負担しています。
 その事務所には臨時職員が4人勤務していることになっているが、これまで4回訪問して1回も職員に会えたことがない。今回は事前に連絡し、20日(月)13時30分に訪問する連絡をするも職員は出勤していないとのことです。
 対応したのは、県議の奥さんで「余り人の出入もなく電話連絡も少ないので常時いることはない。」と答えましたが、今日も含め5回訪問の結果、一人として在所したことがありません。
 地元の方数人に確認したところ、「あそこに職員がいるのは見たことがない。」と語っていました。
 年間270万円もの金額を職員の賃金として政務活動費を受け取っていながら、職員の雇用実態が不明なのはなぜなのでしょうか?
 これから明らかにしていきたいと思います。

中野英幸県政事務所では県民訪問でも立入禁止!本当に職員を雇用しているのか?

2017/11/01 14:57 に 田中寿夫 が投稿

 中野英幸県会議員の県政事務所は自ら副社長を務める川越市にある有限会社くらづくり本舗の本社二階ですが、ここは会社事務所、元衆議院議員中野清事務所そして中野英幸後援会事務所、自民党川越第2支部等をかねています。
 狭山市民オンブズマンは衆議院議員選挙の期間中、3人の職員に補助職員としての仕事内容に質問があり訪問した所、選挙の手伝いで不在ということでした。対応したのは県議の弟さんのようでした。
 昨日11月1日再度事務所を訪問したところ応対したのはくらづくりの事務員と思われ、訪問の趣旨を告げると、中野清元衆議院議員の元秘書と推察される人物が応対しました。
 さらに政務事務所の事務員に面会を求めたところ、職員は全員出払ってるとのこと。3人いるはずなので2回訪問して1人も居ないのはおかしいと食い下がったところ、玄関にはいったら警察に通報するといわれました。
 県政事務所は県民が訪問して、県民の意見を聞く場所で、訪問した県民に中にはいったら警察に通報するとしたのは調査されると問題が噴出すると考えていると感じました。
この記事を読んで、中野県議の職員について情報がある方はご連絡ください。
電話 04-2935-4532 FAX 04-2999-5256 mail tanaka@sayama.me



違法随意契約返還請求事件、地裁で原告が敗訴!

2017/10/25 17:24 に 田中寿夫 が投稿

 狭山市が「別冊さやま」「おしえて狭山茶」の制作を特定の業者に違法な随意契約を行い、特定の業者に便宜をはからったとして狭山市は小谷野剛市長に対し契約金額を返還するように求めた行政訴訟は、10月25日さいたま地裁で判決がありました。

 この裁判で、被告は小谷野剛市長としていましたが、敗訴の理由は簡潔に表現すると狭山市事務決裁規定により、契約および支出の決裁権限は課長にあり市長に責任があることが立証されていないということで、残念ながら結果は原告の請求が認められず敗訴となりました。

 この裁判の中で、狭山市職員の違法な事務手続きの際、特定の業者に予定価格を漏洩した疑いや、契約業者に別業者の見積書を一緒に持参するように職員が指示し便宜を計らったという事実が明らかになりました。また、契約業者は別業者の白紙の見積書に自ら高額な金額を記入して提出した私文書偽造の疑いもあります。

 監査請求で職員陳述の際、「相手方の見積書は誰が持参しましたか?」という監査委員の質問に担当課長は「代表の土肥さんです。」と虚偽の答弁をしていました。これらは組織ぐるみで隠蔽を行っている事実が法廷で明らかになっていますが、判決は全くこの事実に踏み込んでおりません。

 このようにさいたま地裁は「違法な行政執行」の判断を行わず、契約の決裁は課長権限であり、被告を小谷野市長とした原告の請求は理由がないとして請求を棄却しました。(判決書は添付のとおり)

 

 しかしながら、行政執行の違法性や公務員の守秘義務違反、私文書偽造など刑事裁判が必要とも考えられ、今後はかかわった職員及び業者を刑事告発する準備に取り掛かる予定です。

甲良町長らを「監査妨害」で刑事告訴へ !

2017/10/25 15:47 に 田中寿夫 が投稿

10/25() 19:51カンテレ配信

 滋賀県甲良町の町長が町民から徴収した税の延滞金の一部を還付し、その交渉記録を消した問題で「監査が妨害された」として、町の監査委員が刑事告訴する方針を固めました。
【甲良町・北川豊昭町長(今年8月)】
「当時の税務課長と私の二人の政治的判断によるという文言が(交渉記録にあるのは)おかしい。だから消しなさいと言った」
 北川豊昭町長は7年前、固定資産税を滞納していた知り合いの町民から徴収した延滞金の半分ほどを求めに応じて還付し、還付に関する交渉記録の一部を消去・改ざんしたことがわかっています。
この問題について甲良町の監査委員は記録を消したことは監査妨害にあたるとして、町長と担当した職員を近く偽計業務妨害などの疑いで刑事告訴する方針を固めました。
【滋賀・甲良町山田裕康監査委員】
 「監査業務を妨害されたということは、やはり許すことができないということであります」
北川町長は既に次の町長選挙には出馬せず11月引退することを表明しています。

 狭山市ではどうなのか!

 狭山市民オンブズマンがこれまで監査請求した中で、職員による虚偽公文書作成の上監査委員に提出したことが判明しています。

 昨日判決があった「別冊さやま」「おいしいお茶の淹れかた」の監査請求時には、職員の陳述で監査委員に「相手先の見積書は誰が持参したのか?」の質問で「相手方の社長が持参しました。」と陳述を行っていました。この結果、監査委員の判断を誤られた結果となっています。

 これも職員が監査の妨害をしたことにはなりませんか?狭山市監査委員会のこれを偽計業務妨害で刑事告訴が必要ではないのでしょうか?

   

1-10 of 80