新着情報‎ > ‎

健脚が戻ったか!オンブズマンのHPで改心したか?

2017/09/27 22:13 に 田中寿夫 が投稿
 狭山市民オンブズマンが28年度埼玉県議会政務活動費の28年度領収書の公開を行ってから、県議会の政務活動費充当が以前より慎重になったことが見受けられる。ことに無所属・改革の会代表中川ひろし県議は、自宅から事務所、川越駅から本川越、武蔵浦和駅から県庁など徒歩圏でもタクシーの利用が目立ち、武蔵浦和のタクシー運転手の中でも超有名な県議です。
 このことを8月末のオンブズマンHPで紹介したところ、最近は自転車で移動することが多くなってきたようです。それは中川県議のHPで9月16日は5つの中学校、9月24日の狭山市内6つの小学校の運動会には自転車で訪問したことが記されています。
 昨日、県庁の帰りに武蔵浦和駅まで歩いてかえる途中、中川県議が自転車で坂道を登ってきました。すれ違いざまに「こんにちわ!」と元気な声で挨拶してくれました。こちらも「おう、元気か!」と返しましたが、まだまだの健脚に感心しました。
 無所属改革の会は3人会派ですが28年度は自民党についで年間1800万円の政務活動費をすべて使い切りました。
 たまたま、その交通費を集計していたところ、3人で合計年間469,538円の支出ですが、中川県議1人で404、679円を使い切っています。
 オンブズマンのHP公開で、政務活動費の監視の結果、すでにその効果が顕著に現れて来ていると感じました。
 中川議員の交通費は下記添付ファイルをご覧ください。

Ĉ
田中寿夫,
2017/09/27 22:13
Comments