新着情報‎ > ‎

金沢地裁 市議3人に政活費47万円の返還命じる

2019/01/21 14:02 に 田中寿夫 が投稿

 1月21日、金沢地裁は、「市民オンブズマン石川」(林木則夫代表幹事)は金沢市議の平成26年度の政務活動費に不当な支出があったとして市議や元市議計17人に計約950万円を返還させるよう市長に求めた訴訟の判決で、市議3人の一部の支出に違法性があると認め、計約47万円を返還させるよう命じたという報道がありました。

 判決理由は「3人の市政報告書のうち、自身の宣伝を目的として作成された部分に政務活動費を充てることは認められない」とし、3人が報告書作成のために政活費から支出した広報費の一部計約47万円の返還を求めたものです。

   狭山市議会でもこれまで年度末に会派の報告として、個人名を強調した広報が配布されておりますので、これに

 該当する可能性があります。ことに、4月には市議会議員選挙を控えておりますので、政務活動費を使用して広報を発

 行する場合、内容によっては返還請求の訴訟に発展する可能性がありますので十分注意したほうが良いですね。


Comments