新着情報‎ > ‎

<奈良県警>地方公務員法違反の疑い 葛城市の前副市長逮捕

2018/06/17 15:57 に 田中寿夫 が投稿

毎日新聞社が6/17(日) 21:30配信した記事によると奈良県葛城市で請求者氏名を含む住民監査請求の結果を公表前に市関係者や前副市長、民間業者らにファックスを送ったことで地方公務員法違反容疑で逮捕したと報道している。その内容は次の通り。

 奈良県警捜査2課などは17日、同県葛城市の「道の駅かつらぎ」建設に関する住民監査請求の結果などを公表前に関係者にファクスで送ったとして、市建設課課長補佐、石橋和佳容疑者(44)=同市東室=を地方公務員法(守秘義務)違反容疑で、提供を依頼した前副市長、生野吉秀容疑者(62)=同市西室=と栄和建設取締役、茅野泰幸容疑者(48)=奈良県大和高田市春日町2=を同法違反(そそのかし)容疑で逮捕した。


 逮捕容疑は、石橋容疑者は昨年10月30日、請求者の氏名を含む住民監査請求の結果などを生野容疑者にファクスで送ったとされる。生野容疑者と茅野容疑者は昨年8月末から10月末ごろの間、石橋容疑者に監査結果を渡すよう求めたとしている。県警は3人の認否を明らかにしていない。

情報漏えいに関し、市が今年2月15日、3人を県警に刑事告発していた。

 道の駅建設を巡っては、栄和建設への架空発注など、数々の不正支出が発覚。市監査委員は昨年10月、山下和弥前市長らに約3500万円の返還を求める監査結果をまとめた。市も架空発注に関与した職員6人を虚偽公文書作成容疑で県警に告発。また、無断で計画変更したなどとして国から補助金1億6400万円の返還を求められ、市は今年3月に返還した。

 阿古和彦市長は「真相究明に向けて警察の捜査に全面的に協力していく」とコメントした。【佐藤英里奈】

Comments