新着情報‎ > ‎

ストーカー容疑の埼玉県議が辞職!市民オンブズマンが情報公開請求1週間後。

2018/11/23 14:32 に 田中寿夫 が投稿   [ 2018/11/23 14:34 に更新しました ]

ストーカー規制法違反などの疑いで書類送検された伊藤雅俊埼玉県議(36)(自民党県議団)が9月22日、議長あてに辞職願を提出し、受理されたとの報道がありました。

 市民オンブズマンは刑事事件を起こし、出席義務が果たせない議員に対する報酬が支払われていることに対し、住民監査請求を起こそうと11月14日に情報公開請求を提出していましたが、現在まだ開示されておりませんが、あまりにもタイミングがいいと思いませんか?

 議会出席は議員の責務であり、この責務を果たせなければ報酬の支払い停止も必要と考えております。

 現在の条例では、「議員報酬は、職に就いた日から、職を離れたときはその日の分まで、死亡したときはその日の属する月の分まで支給する。」と定められております。このため、議会欠席中であっても月間の報酬は満額支給されます。

その金額は役職を持たない県議で月額95万円。刑事事件を起こし、議会出席が果たせない議員に毎月定額で報酬が支給されることは県民感情から言っても許されるものではありません。

 埼玉県知事は刑事事件で起訴された場合、その嫌疑が晴れるまでは報酬の支給を保留すると条例の改正を行うべきと思います。

 議員はこの条例案に反対すれば、次回の選挙で審判が下されると覚悟すべきでしょう。


伊藤雅俊埼玉県議(本人のフェイスブックから)
Comments