新着情報‎ > ‎

狭山市の違法な随意契約訴訟が本日判決!

2017/10/24 17:46 に 田中寿夫 が投稿
 狭山市総合政策部制作のマンガ「別冊さやま」と農業振興課のマンガ「教えて狭山茶ーおいしいお茶の淹れかた」の随意契約が違法であるとして、制作費用の返還を求めて狭山市民オンブズマンが提訴していた判決が本日13時15分、さいたま地裁で言い渡されます。
 これは、狭山市の担当課が予定価格の漏洩が疑われる99.6%での落札や、根拠なのない随意で契約を締結したもので、契約の際、最低2社から見積りをとるべきでした。しかし市の担当者は契約の相手方にもう1社の見積書を一緒に提出することを求めたため、業者は他の業者の白紙の見積書に自社の提出金額を大幅に上回った金額の見積りを作成して提出したものです。
 このような特定の業者に特別な便宜を計らったことは刑事事件に相当する重大な犯罪です。このような行政執行が横行する狭山市政に対し問題提起をするために狭山市民オンブズマンは訴訟に踏み切ったものです。
 訴状内容は下記の添付ファイルで見ることができます。


ĉ
田中寿夫,
2017/10/24 17:46
Comments