お知らせ‎ > ‎

刑事事件の被告人や信用失墜で辞職県議の報酬差し止めは必要!埼玉県は条例改正を!

2020/07/10 17:16 に 田中寿夫 が投稿
 これまで、埼玉県議会では法令違反で政務活動費を使用したり、ストーカー問題で刑事告発され逮捕された事件や不倫問題で辞職した議員など、県議会議員としての県民の信用を失う行為のあった事件が報道されているが、このたびオンブズマンの調査で不倫が発覚して辞職した井上まさかつ元県議会議員に6月末、約200万円のボーナスが支給されていることが分かった。
 過去の事件でもストーカー事件で書類送検された伊藤雅俊議員は県議会に対し、1ヶ月の病欠の届出を提出しその後も欠席しながら報酬を受け取っていた事実も判明している。
 令和2年7月10日の長崎県新聞社の記事によると、南島原市議会では逮捕された議員に対する報酬停止を賛成多数で可決したという。
 まったく当然のことであり、この行動が全国に波及することを希望する。記事内容は次のとおり。

  逮捕議員の報酬停止 南島原市議会 条例改正案を可決 南島原市議会は9日、最終本会議を開き、逮捕・勾留された議員の報酬などを支給停止するための条例改正案を賛成多数で可決した。近く施行の見通し。 同市での大規模太陽光発電所(メガソーラー)事業を巡り、同市議=辞職=が収賄(賄賂要求)と恐喝未遂の罪で起訴された事件=公判中=を踏まえ、議員発議で提案した。 これまでの条例では議員辞職するか、公判で有罪が確定しない限り報酬や期末手当は支払われてきたが、改正案では「議員が逮捕・勾留など身柄を拘束された場合、その間の議員報酬と期末手当の支給を停止する」としている。不起訴や無罪判決が確定した場合は、停止していた分の議員報酬と期末手当を支給する。有罪判決を受けた場合は支給しない。

Comments